twitter facebook google
page top
リフォーム(改修)で窓の防犯性を高めるには?

2878062273_1a20780633

 

窓の防犯性を高めるには、まずガラス自体の耐久性を上げることが大前提となります。侵入に時間がかかれば、侵入者はその家での犯罪を諦めます。また、面格子も「侵入しにくさ」のアピールポイントになります。

利用する部品については、「リフォーム時にできる防犯対策は?/基礎知識・後編」にある「CPマーク」(防犯建物部品)についてもご一読ください。

 

 

・防犯フィルム

今お使いのガラスの表面に貼ることで防犯性がアップします。侵入者がガラスを割ろうとしても、フィルムが邪魔をしてガラスの粉砕を防ぎます。

 

・防犯ガラス

強力な耐性を持った中間膜を、2枚のガラスの間に挟んだガラスです。耐貫性能が一般的なガラスに比べて大変高く、空き巣の代表的な手口である、突き破りなどに有効です。時間がかかり、突き破れずにいると、ほとんどの空き巣が断念します。この他に、断熱性も兼ね備えた、防犯断熱真空ガラスなどもあります。

 

・面格子

外部につける場合、実際に侵入の手間がかかることに加え、見た目で狙われにくくする効果があります。また、外側に面格子を設置できなくても、室内面格子も活用すれば問題ありません。

 

改修の際、ひと手間と少しのお金をかけた分だけ、防犯性は高まります。

せっかくのリフォームです。イメージチェンジや便利さと合わせて、「安心」も手に入れましょう。