twitter facebook google
page top
リフォーム・改修工事中に必ずチェックしたい5つのポイント

名称未設定-2

 

改修・リフォーム工事には、様々なトラブルがつきものです。トラブルを防止するためにも、必ず打ち合わせ時の内容を記録しておきましょう。では、具体的に、自分の思い描いた改修・リフォーム工事にするためにはどうすればよいのでしょうか?今回、改修中のチェックポイントを一緒に確認していこうと思います。

 

 

○打ち合わせの記録を書き留めておきましょう。

 

一番多いトラブルは「言ったはずだ」「聞いていない」の水掛け論です。自分と業者との信頼関係はとても大事なことです。些細なトラブルを未然に防ぐためには、記録を残しておくことが大切です。

 

 

○打ち合わせ時の記録と改修工事内容を照らし合わせましょう。

 

打ち合わせ時の記録内容と改修・リフォーム工事の内容が一致しているか?工期は守られているか?などをしっかりと把握しておきましょう。

 

 

○改修工事中の変更点には充分気をつけましょう。

 

当初の予定に途中で変更点があった場合は、工事責任者から説明を受け、「工期に変更はあるか?」、「費用に変更はあるか?」などの情報をきちんと確認をしましょう。変更点を書面でもらうこともトラブルの防止に繋がります。

 

 

○改修・リフォーム工事中に発生したトラブルも記録を残しておきましょう。

 

万が一、工事中にトラブルが起こってしまった場合はトラブルの概要や、トラブルの発生日時、トラブルへの対策方法などを詳細に記録しておきましょう。トラブルを事前に防ぐためにも、リフォーム・改修業者に依頼し、工事内容の変更合意書を作成してもらうなども有効です。

 

 

あなたの思い描いている改修・リフォーム工事を成功させるためにも、ぜひ上記のポイント参考にしてみてください。