twitter facebook google
page top
リフォーム・改修工事を行う際に知っておきたい法律とは?

リフォーム・改修工事を行う際に知っておきたい法律とは?

 

リフォーム・改修工事を行う際に、できれば知っておきたい法律がいくつか存在します。その中でも、最も重要な法律が建築基準法です。リフォーム・改修工事においても、建築基準法に基づいた工事が求められます。リフォーム・改修工事のトラブルを未然に防ぐためにも、建築基準法の基礎知識を学んでおきましょう。

 

 

1.建築基準法とは

 

建築基準法では、建築しようとする建物の敷地や構造、設備やその用途に関する最低基準を定めています。リフォーム・改修工事を行った建物は、建築基準法に定められている規定に適用していなければなりません。

 

 

2.建築基準法の単体規定とは

 

建築基準法で定められている最低限の基準の中に、建物の構造や設備に関する単体規定があります。リフォーム・改修工事で、建物の柱や梁の位置を大幅に変更する際には、役所への確認申請が必要です。安全上の構造に問題はないのかを建築基準法に照らしあわせて確認しておきましょう。

 

 

3.建築基準法の集団規定とは

 

建築基準法には、建物の建ぺい率と容積率について制限が設けられています。都市計画によって、上限の数値が決められているのです。また、建物の高さ制限や敷地が面している道路の幅についても細かな規定が定められています。建物と周辺の都市との関連が規定されており、集団規定と呼ばれています。

 

※なお、「建ぺい率」とは、「敷地面積に対して、建築物を建てる部分の面積」のこと、「容積率」は「敷地面積に対する、延べ床面積の割合」のことを言います。

 

4.リフォーム・改修工事と建築基準法

 

建築基準法は、何度も改正が繰り返されています。既存の建物は、建築した当時の建築基準法が適用されています。しかし、リフォーム・改修工事を行う場合は、現行の規制が適用されるので、注意が必要です。たとえば、古い中古住宅を改修する際に、現状の制限を超えてしまうケースも考えられるのです。

 

リフォーム・改修工事を行う際には、予備知識として、最低限の建築基準法について理解しておく必要があります。難しい法律用語を詳しく学ぶ必要はありませんが、基礎知識は事前に確認することが大切といえますね。