twitter facebook google
page top
リビング改修のポイントとは?/採光

2886778598_1291fdbfcb

 

リビングがいつも明るいと、気持ちも明るくなりますね。1日のうち、家族が集まる時間がもっとも長い場所です。電気代の節約にもなりますし、リビングの採光についてもしっかり考えてみましょう。

 

 

【採光リフォームのポイント】

 

「改修(リフォーム)でいまよりもっと明るいリビングにしたい」という方もいます。この場合、「窓の数を増やしたり、大きくしたりすればいいのでは?」との考えに陥りがちですが、話は単純ではありません。採光には面積だけでなく、窓を取り付ける高さと位置も重要なのです。

 

例として、掃き出し窓が挙げられます。掃き出し窓は、下枠と床に段差のない、人の出入りが可能な大型の窓です。この窓枠上部に採光窓を設置したり、窓そのものを天井ギリギリまで高くすることで部屋の明るさに違いが出てきます。窓の位置が高い方が、日差しの差し込む量が増えるので、リビング全体の明るさにつながります。

 

 

【窓の形を変える改修】

 

また、横長タイプの窓など、吊り戸棚の下に設けられた窓では、日差しが屋内へ入りにくくなります。この場合は、窓の形を縦長のものに変え、さらに面積を広げられれば、部屋の明るさが変わります。面積が同じ広さの窓でも、設置位置を変えれば採光は変化します。たとえば、壁の中心に単独で窓があるよりも、面積が半分の窓が壁の両サイドにあれば明るさを感じることができます。

 

 

【配色でも明るさは変えられる】

 

また、室内の配色や素材を変えることでも明るさは変化します。配色は白系で、素材はフローリングなどを用いることで、光を反射させやすいですね。なお、強度に影響を与えない範囲での改修は、一軒家のみで可能です。窓が占有部分とならないマンションでは窓の大きさを変えたり増やしたりすることはできません。

 

リビングの明るさを左右するのは窓の広さが全てはない、ということがご理解いただけたかと思います。改修次第でより明るいリビングを手に入れることができるのです。

最後に、リビング改修の定番、「収納」についてお話します。

 

 

*関連する記事 

リビング改修のポイントとは?/床材

リビング改修のポイントとは?/壁材』 

『リビング改修のポイントとは?/採光』 (この記事です。)

リビング改修のポイントとは?/収納』