twitter facebook google
page top
ライフスタイルの変化と住宅の改修は、どう考えるべき?

ライフスタイルの変化と住宅の改修は、どう考えるべき?

 

家は、建てた時そのままの姿で一生住み続けなければならないものではありません。そこに住まう家族のライフスタイルが変化するのに伴って、建物のあり方も当然変化してしかるべきです。

そこで、住む人のライフスタイルの変化と住宅の改修(リフォーム)の関係を考えてみましょう。

 

 

【どんなことでライフスタイルは変化する?】

 

家族のライフスタイルの変化で特に大きなものとして、「子供世代との同居、別居」と「高齢化による身体能力の変化」があります。これらの変化は時期が重なることも多く、それぞれの変化の関連性も考えなくてはなりません。

 

子供たちが独り立ちすると、それまで使われていた部屋が急に空き部屋になります。それを無駄なスペースとしてそのままにしておくよりも、改修(リフォーム)して有効に活用すれば生活がより豊かになります。

 

間取りを変更して部屋数を減らせば、手すりをつけたり段差を減らしたりといった高齢化に合わせた改修を行っても、生活空間を減らさずに済みます。持て余していた空間をゆとりスペースとして活用することができるのです。

 

逆に年配の親御さんを迎え入れて一緒に住む場合は、バリアフリーの改修を行うことで、高齢化する親御さんだけでなく、幼いお子さんにとっても安全な住まいを実現できます。

 

 

【改修で解決できるかもしれないこと】

 

『ライフスタイル』を『住まい』に合わせるのではなく、『ライフスタイル』に合わせて『住まい』を変えることで、豊かな暮らしを実現することができるのです。もし、今の生活の中で不便に感じていることがあり、我慢している・譲歩していることがあるのなら、それらを解決する一つの方法として「改修」(リフォーム)があてはまるかもしれません。