twitter facebook google
page top
ライフスタイルに合ったキッチン改修の考え方とは?

ライフスタイルに合ったキッチンの改修を考える

 

家族の誰もが必ず1日に1度は訪れるキッチン。

キッチンの改修を考えるには、各家庭のライフスタイルを見直すことは必要不可欠です。この記事では、キッチンリフォーム(改修)を考えるとき、どんなことを重要視すべきかのご提案をさせていただきます。このように考えていくと、漠然と「あんなキッチンがいいな」と考えるより、実際にキッチンを使い始めてから気づくような後々の失敗がずっと少なくなりますよ。

 

 

【どんなキッチンにするかを考えるために】

 

ご家族は何人でしょうか?

どんな家族構成でしょうか?

小さなお子様はいらっしゃいますか?

ご年配の方はいらっしゃいますか?

また、共稼ぎのお宅でしょうか?

 

家庭の数だけ、キッチンも存在するのです。

小さなお子様のいる家庭では、ママが家事をしながらお子様とコミュニケーションを取ることができる間取りもいいですね。

ご年配の方と同居の家庭では、キッチンにいるお互いの存在を感じ取れる空間にしたり、家電製品はカウンターの高さを考えて、使いやすい配置にするといいでしょう。

共稼ぎでママが忙しい家庭では、整理しやすい食器棚や食器洗い乾燥機があると便利ですね。掃除のしやすさも考慮したいところです。

 

 

【誰に主導権があるのかを考える】

 

誰にキッチンの主導権があるかを考えれば、おのずとキッチンの中での「家事動線」が見えてくるものです。キッチンからの視野、収納スペース、ゴミ箱や勝手口など、家事動線から改修を考えることも大切なことになります。

 

ライフスタイルに合った理想のキッチンを、より具体的にイメージしましょう。

イメージが鮮明なほど、誰もが使いやすく、お互いの存在を感じ取ることができ、自然と家族が集まってくる。

そのような理想的なキッチンの改修を行うことができるでしょう。