twitter facebook google
page top
マンションでできる改修・できない改修とは?

マンションでできる改修・できない改修とは?

 

マンションには、他の住民との一緒に利用する『共有部分』、主に個人のために割り当てられる『専有部分』があります。マンションで改修(リフォーム)を行う際は、『専有部分』だけで行い、『共有部分』に影響を与えないよう気を配る必要があります。では、それぞれの定義や気を付けるべきことについて、ご説明します。

 

 

1.どこが『共有部分』か?

 

一般的には住民共通の入り口である玄関ホール、エレベーターや階段、通路といった自分の部屋に辿り着くまでに移動する部分、駐輪場やゴミ捨て場など複数の住民が利用できるスペースは『共有部分』にあたります。住んでいるマンションの管理規約を確認するのが確実です。

 

 

2.マンションできる改修の種類

 

・天井や床、壁材の張替え

・間取りの変更(建物を支える柱の変更は不可)

・水回りの改修

特に注意が必要なのは、排水管の構造です。

 

排水管が自室の床を通る場合、空間に余裕がないため水回りの改修に制限が加わります。下の部屋の天井裏を配管が通る場合には空間に余裕ができますが、工事によって水漏れが発生しトラブルになることも・・・。

 

住宅部分はほとんどが『専有部分』ですが、玄関ドアや窓サッシなど外から見える部分は『共有部分』ですので、窓サッシを交換する場合などは好きなものは選べず、管理規約に従う必要があります。

 

事前に管理規約とマンションの構造をよく調べ、業者とよく相談して計画を立てるとよいでしょう。業者に「何を事前に確認すべきか?」など問い合わせておくと、ずっと手間が省けます。よくわからない部分はなあなあにせず、明確になるまできちんと確認するようにしましょう。