twitter facebook google
page top
ベランダ、バルコニーを快適な空間にリフォームするには?その3

ベランダ、バルコニーを快適な空間にリフォームするには?/3

 

ベランダ、バルコニーを快適な空間にリフォームするには?その2』の続きです。

引き続き、ベランダ、バルコニーのリフォーム(改修)についてお話します。今回は、【物干し場としてのベランダ・バルコニー】・【過ごす場所としてのベランダ・バルコニー】、二つの側面から見ていきましょう。

 

 

【物干し場としてのベランダ・バルコニーについて】

 

日々の生活で、布団、洗濯物などをベランダ・バルコニーで干す機会は多いでしょう。ここに屋根があれば、外出時の急な雨や、洗濯が溜まりがちな梅雨でも困ることはありません。最近はUVカット加工された屋根材もあるので、家具やカーテンなどの日除け効果や、気になるお肌への影響も抑えられます。

 

また、アイテムを取り付けることで、機能的な物干し場にすることも可能です。収納式の物干しであれば、必要な時のみ取り出せますし、枕や靴を干すための物干しラックもあります。

 

 

【過ごす場所としてのベランダ・バルコニーについて】

 

少々贅沢ですが、ベランダ・バルコニーをもう一つの部屋、アウトドアリビングとして捉える方法もあります。まず、階下の日当たりや柱の位置に注意しながら、ベランダ・バルコニーの奥行きを広めにリフォームします。次に、屋内との床と高さを合わせるために、ベランダ・バルコニーの床に、ウッドデッキやデザインタイルを敷きつめます。こうすれば、ガラス戸に仕切られた、開放的な空間が増えることになります。ご友人とのティータイムや、自分だけのガーデニング空間に胸が踊りませんか?

 

ここまで、具体的なリフォーム方法や注意点について述べてきました。ベランダ・バルコニーのリフォームといっても、デザイン的なものから機能的なものまであることお分かりいただけたと思います。目的に合わせるだけでなく、過ごす空間に着目しても楽しいリフォームになるかもしれません。自分だけの「空間」、手に入れてみませんか?