twitter facebook google
page top
バスルームでできる省エネ化改修とは?

バスルームでできる省エネ化改修とは?

 

省エネは地球環境を守るためにも非常に重要ですが、家計を助けるという意味でも非常に重要な考え方です。住まいの省エネ化を進めるのなら、見逃してはいけないポイントが『水回り』。電気だけでなく、毎日大量に使用する必要のある水道代も現実的なコストです。

 

ここではバスルームに注目し、省エネ化のためにどのような取り組みができるか見て行きたいと思います。

 

 

1.シャワーヘッドと水栓金具の交換で、省エネ/節約

 

シャワーヘッドを交換するだけでも、省エネ化の効果があります。空気を含んだ水を放出することのできる節水シャワーヘッドに交換すれば、同じ時間使っても毎日の水の消費量を減らすことができます。

 

また、水量を調節する水栓金具も忘れてはいけません。握らなくても操作できるシングルレバー式金具なら、頭を洗っている最中でも簡単に水量の調節が可能。こまめな節水ができます。

 

 

2.冷めにくい『高断熱浴槽』

 

一度張ったお湯の冷めにくい、『高断熱浴槽』というものがあります。簡単にいえば、魔法瓶と同じような仕組みのもので、湯の温度を一定に保てるため追い焚きに余計なエネルギーを費やす必要がなくなります。

 

 

3.様々なエコがセットで手に入る『システムバス』

 

それぞれの設備を別々に改修するのではなく、浴室設備が一式セットになった『システムバス』に改修するという方法もあります。システムバスは必要な設備が全て揃っているため、通常よりも短期間で工事を終えることができます。浴室のように、使えない期間が長いと支障をきたす設備を改修するには便利です。

 

 

省エネ化のために、バスルームで変えられる所はたくさんあります。家族全員が毎日使う設備だからこそ、無駄を省いた時のメリットも大きいのです。