twitter facebook google
page top
トイレの改修ではどんなことができる?前編

トイレの改修ではどんなことができる?【前編】

 

トイレの改修(リフォーム)とは、家の中でも狭い場所でありながら、遊び心を取り入れられるスペースでもあります。綺麗に使いたい、気持ちよく使いたい、という希望以外に、「リラックスしたい」「面白みのあるものにしたい」という考えを取り入れることもできるのです。

では、トイレの改修では、どんなことができるのでしょうか?ご紹介して参りたいと思います。

 

 

【基本的なトイレの改修】

 

まず、1番にあげられるのが、便器の取り替えです。既存のトイレを外して、新しいものに付け替える改修になります。

便器と一口に言っても、今では様々な便器のタイプが取りそろえられています。メーカーによって名称は異なりますが、最近の便器の一般的名称は「温水洗浄便座」と言われるものです。「ウォシュレット」や「シャワートイレ」といったおなじみの名称のものは、今や日本でのシェアは70%とも言われています。

そのほか、便器が汚れにくいタイプ、水の流れが独特なタイプ、タンクレスなど、様々なタイプがあります。

便器のタイプ以外にも、シャワー機能が各メーカーによって特徴がありますので、カタログばかりでなくショールームにも足をはこんで、実際に見てみましょう。

 

 

【和式便器から洋式便器への改修】

 

最近では一般家庭において、和式便器の需要はかなり少なくなっています。

昔は和式便器で当たり前だったものが、洋式便器の普及により、洋式便器への改修も増加傾向が見られます。特にご年配の方がいらっしゃるご家庭では、「足腰が楽」、「介護しやすい」といった理由から、洋式便器に変えるパターンが多くなっています。介護を考えたトイレの改修では、同時に手すりを設置することもあります。

掃除のしやすさを考えても、現在は洋式のほうがおすすめです。

 

 

【トイレの増設】

 

2階にトイレを増設する改修も増加しています。1階と同じ場所ならば、2階にトイレを増設することは、簡単な改修で済ませることができます。

朝の忙しい時間にトイレを待たなくてもいい、寝室から近くにトイレがある、といったメリットが大きな要因です。

 

次の記事、『トイレの改修ではどんなことができる?後編』では気になる改修の費用について、お話します。