twitter facebook google
page top
タンクレストイレのメリット・デメリットとは?

DSCF2528

 

 

トイレを流す水を溜めるタンクがない「タンクレストイレ」。水はタンクに置かず、その都度内部の水道から押し出されるしくみになっています。

 

タンクレストイレは機能面やスタイリッシュなデザインなどが洗練され、需要が高まっていますが、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

【タンクレストイレのメリット】

 

・デザイン性

 

各社スタイリッシュな商品を出しています。

トイレのイメージを変えるのにも一役買っているでしょう。

 

・清掃のしやすさ

 

タンクがないので、本体も周辺も掃除が容易にできます。

タンクの上で手を洗わないので、壁に水が飛ぶこともなく、床も濡れません。

 

・コンパクトさ

 

高さがなく、トイレの上に広い空間を確保できます。

見た目も広く感じますし、空いたスペースに棚などを作ることもできます。

 

 

【タンクレストイレのデメリット】

 

・メンテナンスの問題

 

便座が壊れたなど故障があった場合、便座だけの交換で済まないこともあります。

 

・災害時

 

従来のタンクは災害用の備蓄水としても使えますが、タンクレスでは簡単にタンクの水を利用することが困難です。(停電時については、手動で流す方法があります。それぞれのメーカー、品番により異なりますので、事前の確認が必要です。)

 

・高価格

 

従来のタンク式よりも高価格です。

 

・手を洗う場所を他に用意しなければならない

 

タンクで手を洗うトイレだった場合、タンクレストイレに改修することで手洗い場がなくなってしまいます。トイレ内の他の場所に手洗いシンクを設置するか、トイレのドアから出て他の場所で洗うなどの対策を考えなければなりません。

 

 

なお、タンクレストイレの排水の仕様によっては設置できない場合もあります。

工事業者に確認してもらうことを忘れないようにしましょう。