twitter facebook google
page top
キッチンリフォームで選べるキャビネットの種類とは?

キッチンリフォームで選べるキャビネットの種類とは?

 

システムキッチンのキャビネットには、フロアキャビネット、吊り戸棚、トールキャビネットなどの種類があり、その場所や用途にあわせて作られているため、使い勝手はとてもよいものになっています。それでは、順番にキャビネットの説明をしていきます。

 

 

【フロアキャビネット】

 

台所収納で一番使用頻度が高いのは、シンク、コンロ下のフロアキャビネットです。以前のキャビネットは開き扉が多く、奥に片付けたものを取り出すのに苦労しました。今では、引出し式が多いので、奥に片付けたものもしっかり見え、上手に収納ができ、出し入れが楽にできます。

 

フロアキャビネットは、米びつやスパイスを置く引出しを設置したり、座りながら作業ができるように足をシンク下に入れるスペースを作るなど、使う人に合わせたカスタマイズができます。食洗機やオーブンレンジをフロアキャビネット内に置く場合は、その分の収納スペースが減ってしまいますので、吊り戸棚などを設置して、不足する収納スペースを作りだしましょう。

 

 

【吊り戸棚】

 

吊り戸棚は、必要な高さや奥行きを正確に測った上で選び、購入しましょう。自動で昇降可能な吊り戸棚もあります。使用したい時だけ出すので、料理や食器の仮置きもでき、普段は広いスペースを確保できてみかけもすっきりとします。材質、カラーだけでなく、汚れにくさ、汚れが目立たないかどうかなどのポイントも重要です。

 

 

【トールキャビネット】

 

フロアキャビネットや吊り戸棚と同様に便利なのが、トールキャビネットです。シンクの後ろの壁に置くストッカーも、その一つです。ストック類(食材やスパイスなど)や食器など収納できます。トールキャビネットは、高さが床から天井まであるので、収納力は抜群です。また、デッドスペースになりやすいキッチンのコーナー部分を生かした収納もあります。

 

キャビネットを購入する際確認して欲しいのは、サイズや色だけではありません。引き出しの引き出しやすさ、掃除のしやすさまで、しっかりチェックしてみてください。