twitter facebook google
page top
キッチンの改修費用の目安とは

キッチンの改修費用の目安とは

 

キッチンの改修(リフォーム)を行う際に最も気になることは、改修にかかる費用です。資金計画を立てるためにも、なににどれだけお金がかかるかを知っておくのはとても重要なことですね。

 

しかし、改修のパターンによってかなり費用の差が出てしまいます。そのため、まずは基本的な「キッチン改修費用の目安・相場」を知っておきましょう。

 

 

【基本的な改修費用の目安とは】

 

一般的な改修費用の目安は、至ってシンプルなものになります。

 

材料費+工事費

 

どのようなキッチンの改修においても、費用はこの計算方式です。

 

 

【材料費とはどのようなものなのか】

 

材料費とは一般的に、システムキッチンやキッチンパネル、タイル、収納などに、換気扇や食器洗い乾燥機といった設備費を含んだもののことです。改修パターンによっては、フローリング代なども含まれます。おおよその費用は安価なタイプですと10数万から、高値ですと200万を超えるものまであります。

 

 

【工事費とはどのようなものか】

 

工事費とは、解体処分、給排水工事、壁などの内装工事があげられます。

また、独立したキッチンから内壁を取り除く、間取りからの改修になりますと、木工事や電気設備工事、塗装などが加わります。費用はおおよそ、数十万から100万円が一般的になります。

 

 

【費用は様々変わるもの】

 

システムキッチンの場所を変えなければ、給排水工事や配管の工事が最低限に抑えられますので、費用は割安になります。システムキッチン自体の費用も、機能やデザインによって様々です。

 

また、壁面収納も材料費に含まれますので、既存のものを使う場合と一新する場合だけでも費用に大きく差が出ます。設備はパンフレットだけでなくショールームに足を運んで、自分たちのライフスタイルや予算と見合わせて選びましょう。

 

工事費においては壁面から対面式のシステムキッチンにするだけでも、給排水管工事やダクトの新規工事が必要になるので、こちらも費用が大きく変わる要因でもあります。

 

このように、改修パターンにより費用も大きく変わってきます。今後のメンテナンスのことも念頭におき、信頼できる業者とのお付き合いをすることが大切なことだと言えるでしょう。