twitter facebook google
page top
キッチンの改修を考えるにあたってのポイント

キッチンの改修を考えるにあたってのポイント

 

 

キッチンの改修(リフォーム)を考えるにあたり、意識すべきポイントがいくつかあります。ここでは、そのポイントについてご説明します。

 

 

1.キッチンの間取りを考える

 

まずは、キッチンの間取りを具体的に考えましょう。今あるキッチンの間取り、それをどのように変えたいのか。

キッチンの改修にも様々なパターンがあります。ちょっとした改修から、大がかりな改修、それぞれ工期も費用も異なることになります。また、まだ使える設備は今後も使えるのか。これはキッチンの間取りやライフスタイルによって、変わることになるでしょう。

より具体的なキッチンの間取り、空間をイメージすることにより、改修案も具体的なものになります。

 

 

2.ショールームで現物を見る

 

そのためには納得のいくまでショールームを回り、実際に見て触ってみましょう。

設備メーカーでは、体験フェアーなどのイベントも開催されています。ちょっとしたお祭り感覚で設備を体感でき、調理設備を使っての調理会では、料理の出来映えも目と味で確認することができます。
小さなお子様連れでも楽しむことができるイベントなので、是非足を運んでみてください。

 

 

3.配管などについても考慮する

 

キッチンは「水回り」と呼ばれます。
水道管などといった、配管設備の老朽化も考えなくてはなりません。同時にガスを使用していたならばガス管も確認して、必要ならば交換をしましょう。改修でIHや食器洗い乾燥機にしたり、調理家電の買い換えにより、電力使用量が変わることも多々あります。回路の増設と共に、配線も美しくありたいものです。

 

 

キッチンは家族の「食」を司る場所です。
家族の「食」を守るためにも、快適な空間を保つことができる改修を考えましょう。