twitter facebook google
page top
キッチンの改修にはどのようなパターンがあるの?後編

キッチンの改修にはどのようなパターンがあるの

 

キッチンの改修にはどのようなパターンがあるの?前編』の続きです。

 

次はシステムキッチンの改修におけるレイアウトを紹介します。

システムキッチンだけの改修の場合、大きく分けて二通りのレイアウトがあります。

 

一般的なものは「壁付け型」です。Ⅰ型、Ⅱ型、L型が主なタイプになります。

 

 

【Ⅰ型キッチン】

 

Ⅰ型が最もスタンダードなタイプです。無駄なスペースを取らないので、狭いキッチンに向いています。

システムキッチンが主流になってきた頃からの初期タイプで、キッチンでの家事動線が最もシンプルになるようにできているのが特徴です。

 

 

【L型キッチン】

 

L型はⅠ型の次に生まれたタイプです。2つの壁面、角に設置することにより家事動線が短く、部屋を広々と使うことができます。冷蔵庫や食器棚の配置を考えて、デッドスペースを作らないようにしなくてはなりません。

 

 

【Ⅱ型キッチン】

 

Ⅱ型は文字通り、シンクとコンロを分離し、平行させて設置したタイプです。作業スペースを広く取ることができ、二列に平行させて設置させるので、2人で分担して料理することを考えたレイアウトです。シンクとコンロが離れているので、床が汚れやすいことがデメリットとしてあげられます。

 

 

【アイランド型キッチン】

 

近年人気のタイプは「アイランド型」です。Ⅰ型と同じレイアウトのフラット対面型と、シンクアイランド型があります。

 

どちらもオープンなレイアウトで、料理しながら家族とのコミュニケーションを楽しめる新しいタイプです。フラット対面型は「カウンターキッチン」とも呼ばれています。

いずれもLDK自体にある程度の広さが必要になります。また、オープンな空間なだけに、料理中のニオイや煙がどうしても気になります。高性能の換気扇が必要、狭い空間だと非常に圧迫感がある、などといったデメリットも持ち合わせています。

 

 

システムキッチンだけの改修でしたら工期も短く、元々の間取りに合ったレイアウトを選ぶことができます。

間取りからの改修、システムキッチンの改修のどちらのパターンにおいても、家族の将来を見据えたキッチンの「あり方」を考えて吟味しましょう。