twitter facebook google
page top
オール電化リフォームのメリットとは?

 

近年、オール電化への改修・リフォーム工事が注目を集めています。

オール電化に改修工事を行うことにより、光熱費の削減になるといわれていますが、実際はどれくらいの効果が見込めるのでしょうか?

そこで、今回はオール電化への改修・リフォーム工事のメリットをまとめてみました。

 

オール電化リフォームのメリット

 

 

【1】 光熱費の削減

 

1, 基本料金を削減できる

ガス、電気などを使うには、使用量にかかわらず基本料金を支払う必要があります。

オール電化に改修工事を行うことにより、基本料金を一本化することができ、家計全体の削減につなげることができます。

 

2, エコキュートを利用できる

オール電化で光熱費を削減するためには、エコキュートの設置が欠かせません。エコキュートは、夜間の安い電力で次の日に使うお湯を沸かしておくというものです。特にプロパンガスを使っている場合は、大幅に光熱費を削減することができます。

 

3. オール電化割引を利用できる

オール電化に改修すると、電気料金の『オール電化割引』を受けることができます。『オール電化割引』は、ガスを併用すると受けることができません。そのため、IHクッキングヒーターに取り替える必要があります。また、取り替えの際には、個別に契約が必要になりますので、ご注意ください。

 

 

【2】 災害時にタンク内のお湯を使える

災害などで電気、ガスなどの供給がストップしてしまうことがあります。そういった緊急時でも、「オール電化」に改修工事を行っている家庭では、タンク内の貯水を使用することができます。タンク内のお湯を使用することで、しばらくの間は乗り切ることが可能です。

 

 

このように、オール電化への改修・リフォーム工事には、メリットがたくさんあります。特に、家計の中でも大きな割合を占める光熱費を削減できるのは、ありがたいですね。

改修・リフォーム工事を行う際には、ぜひオール電化も検討してみましょう。