twitter facebook google
page top
オール電化リフォームにはどのくらいの費用がかかるの?

128855838_d29c3c149e

 

住宅の改修(リフォーム)を行う際に、併せてオール電化を導入しようと考えている人は少なくありません。そもそも、『オール電化住宅』とは、どのような住宅を指すのでしょうか。

 

オール電化住宅とは、エコキュート・IHクッキングヒーター・など決められた設備を設置することで、電力会社のサービスを受けることができます。つまり一部ガスを使用している住宅では、厳密には「オール電化住宅」と呼ぶことができません。

 

 

【オール電化住宅への改修費用はどれくらい?】

 

では、オール電化への改修工事にはいくらくらいの費用がかかるのでしょうか。

まず、もっとも高額なのが『エコキュート』で、80万から100万円程度の費用がかかります。次に、IHクッキングヒーターが20万円ほど。また、お風呂場もエコキュートの配管工事が必要となりますので、工事費と合わせると平均で150万から200万円かかると言われています。なかなかの高額になりますね。

 

 

【もっと費用を押さえてオール電化住宅にすることはできる?】

 

しかし、これは製品1つひとつの値段を表したものなので、実際にはもっとお得にオール電化住宅へと改修工事を行うことができます。『セットプラン』といって、各リフォームメーカーが出しているもので『オール電化住宅パック』『おまとめパック』と呼ばれることもあります。会社によって値段は異なりますが、工事費込みで120万円前後が相場となっております。

 

 

数字だけをみつめると、『オール電化住宅』への改修工事は、ちょっと高額な買い物のように思えます。しかし、実際に使ってみると日々の生活は非常に快適なものへと変わります。オール電化住宅にかかる費用を見積もった上で、ご家庭の財務状況に余裕があれば、ぜひご検討してみてください。