twitter facebook google
page top
どのようにして依頼先を選ぶべき?

どうやって依頼先を選ぶべき?

 

改修(リフォーム)を依頼するときには、どのようなことに気を付けて依頼業者を選んだらいいのでしょうか?選択肢が多いためとても悩ましいことではありますが、ここで慎重に動くことで、後々の結果が変わってきます。さて、順を追ってご案内しましょう。

 

 

1.依頼先のことを調べる

まずは、依頼先の業者を知ることから始めましょう。

● 地元の工務店や大工さん
● 建築家
● ハウスメーカーやゼネコン関係の業者
● 住宅設備メーカの業者
● 電力会社、ガス会社系の業者
● リフォーム専門業者

 

様々な業者がありますが、それぞれの特徴をつかむ必要があります。
それには改修の規模や目的、予算といった、自分の家の改修に対する目的意識をはっきり持たなくてはいけません。

 

 

2.どのように改修するかをイメージする

 

改修に対するイメージをより具体化することによって、選ぶ改修業者は絞られます。水回りだったら設備系、バリアフリーなどの介護を目的とするのなら工務店やハウスメーカーなど、各業者の得意分野とするところを見つけることが大切です。
当然業者によっては不得意分野を持つ業者もありますので、まず依頼する側が「このような改修をしたい」といった具体的な考えを持つことです。
自分の思い描いた改修と似た事例の写真や施工例を業者に要求すれば、自信を持って仕事をしている業者なら、いくつもの事例をサンプルとして見せてくれるはずです。自分たちの施工例がない場合は、住宅雑誌などで「このようなイメージになります」と言う業者も少なくはありません。この場合においては注意すべき業者としてマークすることは、言うに足らないことでしょう。

 

 

3.候補となる依頼先に見積もりを取ってもらう

 

また、業者を絞るのも一度に絞らずいくつかの候補を挙げて、相見積もりを取ることが大切です。業者に競争相手を作ることは、施工、金額、いずれの面においてもお互いが張り合うことになります。そのためにも、業者側に相見積もりを取るということは必ず伝えましょう。
相見積もりを取れば、どこかの業者は断ることになります。相見積もりだということを伝えておけば、断りを申し出ることになっても、かなり気が楽になるものです。
業者同士、依頼側共々気持ちよく改修をするためにも、相見積もりのマナーは心得ておきましょう。