twitter facebook google
page top
「風の被害」に備える窓の改修とは?

台風や竜巻による「風の被害」に備える窓の改修とは?

 

建物を襲う災害は、地震や火事だけではありません。近年多発する異常気象によって、その被害を増している台風や竜巻。そうした「風の被害」を防ぐことも、住まいを守る上では大切なことです。

 

そこで、家の中でも「風の被害」を受けやすい窓に注目し、改修(リフォーム)によってどのような対策が取れるか考えてみましょう。

 

 

1.屋外に面格子を設置する

 

台風、竜巻による強風は、小石など地面に転がる様々なものを巻き上げ、容赦なく窓ガラスに叩きつけてきます。そうした風により飛んでくるものの被害から窓を守るために有効なのが、窓の外側に設置する面格子。格子の目より、窓を壊すような大きなものが窓に直接当たることはなくなるため、窓ガラスを保護できるのです。

 

ただし、室外を格子越しにしか見ることができなくなるという欠点も抱えています。直接外との出入りには使わない、換気用の窓に設置すると良いでしょう。

現在はデザイン性に優れた面格子も多く販売されているため、そうしたものを選べば建物の美観を損ねる心配はありません。

 

 

2.雨戸を設置する

 

強風を直接、無防備な窓だけで受けてしまっては、強度の低い窓ガラスでは耐えることはできません。風に飛ばされてくるものだけでなく、強風自体からも窓を守るのなら、雨戸を設置するのが有効です。

 

普段は、窓の脇の収納スペースに寄せておき、必要なときだけ引き出して窓を保護するのですが、この収納スペースがネック。窓の隣に雨戸をしまうスペースのない窓では、設置することができません。

 

しかし、格子とは違い、普段は窓から外しておくことができるため、外部との出入口としても使う窓や、外の景色を眺めるための窓には向いています。

 

 

3.省スペースにも便利な『シャッター式雨戸』を設置する。

 

従来の雨戸には、脇にどけておくためのスペースが必要だという欠点がありました。この欠点を克服した商品に、「シャッター式雨戸」があります。これはガレージのシャッターのように、使わない時は上の方に巻き上げておける雨戸で、窓の脇に十分なスペースがない場合でも設置することができます。

 

シャッターの機能が加わる分、通常の板状の雨戸よりも価格は高めになってしまいます。機能は最も優れているので、家の中でも「ここぞ」という場所を選んで設置すると良いでしょう。

 

 

窓の強風対策の改修のポイントは、「窓の用途に合わせて、適切な設備を設置すること」です。窓本来の機能をそこなわず、同時にいつかやってくる災害に備えることが大切なのです。