twitter facebook google
page top
「涼しい窓辺」を実現するための改修とは?

「涼しい窓辺」を実現するための改修とは?

 

暑い夏の日、家の中でも特に窓辺は熱く感じられます。そこで、この窓辺の暑さを解消し、「涼しい窓辺」を実現するための改修(リフォーム)について考えてみたいと思います。

 

 

1.窓辺が暑くなる原因

 

夏の暑さの大きな原因は、太陽の強い日差しです。窓辺にはその日差しが容赦なく降り注いできます。また、窓を開けて風通しを良くしようとしても、うまく室内に空気の流れが生じなければ意味はありません。

 

「日差しを防ぐこと」「風通しを良くする」こと、この2つが「涼しい窓辺」をつくるためのポイントです。

 

 

2.日差しを防ぐ

 

窓の上部分に『ひさし』を付ければ、部屋に入る日差しを弱め、窓辺の温度上昇を抑えることができます。ただし、ひさしは上から降り注ぐ日差しは防いでくれますが、地面やベランダの床で反射し照り返してくる光は防いでくれません。すだれなどを併用し、こうした横、下方向からの照り返しも防ぐと効果的です。

 

 

3.風通しを良くする

 

部屋の風通しを良くするためには、部屋の中に空気の通り道を作ることが重要です。部屋の反対側に別の窓や通気口を作り、窓と同時に開放するといいでしょう。このときそれぞれの開口部に高低差があると、室内の上下での温度差も和らげることができます。

 

 

改修の計画段階では、なかなか自然な風の入り方、太陽光の当たり方までを想定することができません。しかし、リフォーム業者は多くの改修例を持っていますので、それらを参考に、可能な限り現実に近い状況を想定し、涼しい家への改修を成功させましょう。