twitter facebook google
page top
「改修」を知ろう/「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?

「改修」を知ろう/「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?

 

 

「リフォーム」(改修)と似た言葉に、「リノベーション」という言葉があります。

何が違うのでしょうか?一般的な説明は次のようになります。

 

 

【リフォームとイノベーションの一般的な定義とは?】

 

「リフォーム」

:住宅の内装、外装、設備などを工事し、新しいものに変えること。新築の形に近づけること。

 

「リノベーション」

:その建物にもともと備えられている機能を変更し、別の性能を付け加えることによって価値を高めること。

 

リフォームはどちらかというと「修繕」、リノベーションのほうが「改修」に近いということになりますね。「リフォーム」は英語のreformと意味の異なる「和製英語」ですので、日本の状況に応じて意味も変わってしまうのかもしれません。

 

 

【日本では大きく意味の違いがない場合も】

 

実際のところ、リフォームとリノベーションの違いはとても微妙なものになっています。『改修=リフォーム』と説明するリフォーム会社が非常に多く、一般的な人々の認識もこれに近いでしょう。リフォームによってまったく違う機能を持つ部屋を造ることもできますし、境界線がはっきりしていません。

 

また、単純に、規模が小さければリフォーム、規模が大きければリノベーションと表現する場合もあります。あくまでも「自分の場合、どのような工事が必要になるか」ということが大切ですので、表面上の言葉には捉われないようにしましょう。

 

 

なお、このコンテンツでは「改修」と「リフォーム」を同じ意味合いで使用します。